「半分、青い。」母役・松雪泰子と仲良し癒しの2ショット!

近頃テレビなどで仲良く仕事をし終えての感想や

エピソードを和気あいあいと語って話が盛り上がっている

ところをよく見ます。

「半分、青い。」母役・松雪泰子と仲良し2ショット

結婚式オフショット📸
#半分青い #永野芽郁 #松雪泰子 pic.twitter.com/7NlihJJzOD

 

 

またミュージシャンでもHey! Say! JUMPやバンドでも仲が良い

フジパブリックドリカムなども見ていて

気持ちがホッコリしたりトークが癒しになったりしています。

 

映画の世界でも、最近公開の

銀魂2 掟は破るためにこそある』の完成披露試写会での

小栗旬や菅田将暉の仲良さの雰囲気もとても良かったですね。

 

 

世の中それぼど景気も悪く無く、割と平和な感じがする日常で

癒しという言葉が世の中に出ていますがたとえば、

癒しグッズ、癒しの空間、癒しの旅、癒しの音楽などたくさん使われています、

この癒しとはどうゆうものでしょうか?

 

癒しという言葉が、本格的に市場に現れてきたのは1990年代に入ってきてからで、

バブルがはじけ、不景気に突入し、世間の人々の不安が高まってきた時期ではないかと思います。

 

ウィキペディアでは

”癒し系アイドルとして、男性だけでなく女性の間でも注目される存在

(例:国分佐智子井川遥優香など)が出てきたことにより、

癒し系アイドル=男女ともに認められるアイドル”という認識を生むきっかけとなった。”とあります。

この「癒し」という言葉が人びとを引きつけ、ブームが起ったと思われます。

 

それ以前では、リラクゼーションという言葉が多く使われていました。

そもそも癒しという言葉の英語であるhealing(ヒーリング)は

病気を治すという意味もあるようです。

これからの高齢化の時代に「仲良し」は癒しになり、

楽しい会話や笑顔は病気を治す事にもなる、いいことばかりのなんですね

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA