映画を見た後にいっぱい話そう!

映画を見た後に「面白かったねぇ~」でおわらせないで、

どこが面白かったか、色々考えて話をしよう。

「私はここが気になった」、「ここが面白かった」など、

見て感じるところは人によってさまざま。

f:id:day3000:20150410111153j:plain

 

話すことで感動や思ったことが深まり、たくさんの

感情が湧きあがると思います。

お父さんやお母さんの考え方の違いや、なぜそのように思ったのか、

など、相手の感性を理解するようになっていくと思います。

映画は親子のコミュニケーションや会話を深める

アイテムとして最高のものではないでしょうか。

沢山の映画のなかでも、子供たちに手の届きやすいものは、

同世代の子たちが主人公を務める映画です。

そんな中でもホロコーストを題材にした「アンネの日記」

「縞模様のパジャマの少年」、

「運動靴と赤い金魚」をはじめとする

イランの子供向け映画は懸命に生きる子供たちを描いています。

いい意味でカルチャーショックを与えてくれると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA