これから変わる、学校教育?

教育が変わる」って、どう変わる?

学習指導要領改訂があったため、小学校は2020年から中学校は

2021年度から前面実施され事になりました。

全開が2008年に改定されたので10年ごとに変わっています。

改定の内容として、小学5~6年で英語が正式教科になります。

また、プログラミングを必修する。

少し前に日本の子供たちの「学力低下」が問題となりましたが最近では

持ち直していることが挙げられます。

このことから、授業の時間数や学習項目に変化はありません。

2015年実施の国際学力調査PISAの結果を見ると、日本の生徒の

「科学的リテラシー」の平均点はシンガポールに次いで2位。

「読解力」「数学的リテラシー」では、シンガポール、香港、フィンランドなどに上位を譲るものの

米国やイギリス、フランスなどの先進諸国を上回っています。

なので今回の改定の大きなテーマは「 学力観 」の拡張です。

どういうことかと言うと、「知識や技術」を自在に、自分らしく使いこなせるまでを

目指した内容になってます。

何を知っているか? だけではなくその知識を使って「何が出来るか?」

「どのように問題を解決出来るか?」までを学力とみなします。

今回の改訂はこの「学力観」に沿って

大学入試のあり方まで見直そうとしているところがポイントです。

これまで学力とは、おもに知識や技能の量とみなされてきました。

「割り算」を教わったら、教わったとおり素早く割り算ができることが

「勉強ができる」ことだと考えられてきたのです。

しかし、実生活の中の問題では「これは割り算の問題だよ」と誰も教えてくれないので、

どの知識をどう組み合わせれば答えが出るか、自分で考えなくてはなりません。

でも、それがなぜ? 大学入試の改革までかかわるのか、さらに考えていきますね。