友達との違いを認めて、そこを褒めよう。

子供の個性を伸ばすにはどうすれイイとおもいますか?

多分その秘訣はわが子自身の「違いを」認めて

違うことの素晴らしさを最大に褒めてあげることではないでしょうか?

違うことが個性であると思いますので、それを受け入れて

認めること。

言葉では簡単ですが実際はなかなか難しいですよね。

具体的には友達ができるのに、うちの子はできない。

そのことに「イライラしない」ことが大切と思います。

わが子が他の子と同じあることは、親からするととても

安心なことですが、同じであってほしいと言うことは

子供の個性を認めていなことと同じすよね。

同じこどもは1人としていません。

親が子どもに同じであることを求めてしまうと

子ども自身が自分と友達のちがいを受け入る事ができず

悩んでしまいます。

子どもたちが友達付き合いが出来るということは、違いを受け入れる

ことができるということです。

違いを楽しむことは、そこに、優劣の関係をもたないことです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

いろいろなマンガを中心に情報をお知らせ出来ればと思います。 目に付いた出来事を紹介し、みなさんの役に立てばと思っています。